自然派コスメの(mogans)モーガンズ 公式オンラインストア

自然派コスメの(mogans)モーガンズ 公式オンラインストア

  • ログイン
  • マイページ

カートを見る

HOME > 美容コラム > 夏のダメージを持ち越さない!日焼け後の正しいスキンケア

夏のダメージを持ち越さない!日焼け後の正しいスキンケア
改めて必ず知っておきたい正しいアフターサンケアについてご紹介します。

夏も終わりに近づき涼しい日も増えてきましたね。とはいえ、まだまだ油断できない強い紫外線。
そして、気をつけているつもりでも「うっかり日焼けしてしまった!」というケースのためにも、夏のダメージを秋に持ち越さないためにも。
今回は、改めて必ず知っておきたい正しいアフターサンケアについてご紹介します。

アフターサンケア①【日焼け直後のケア】

やっちゃった!強い日差しで“ヒリヒリ”日焼け

レジャーや旅行先の海などでやってしまいがちな、お肌がヒリヒリして熱を持つような日焼け。
UV-Bによる“サンバーン”ですね。これはもう、軽い“やけど”状態と考えましょう。

そんな日焼け直後の炎症を起こしている状態のお肌には、まず『鎮静』することが第一。
冷たいタオルや冷水のシャワーなどで優しくお肌をクールダウンさせ、ヒリヒリ感や火照りがおさまるのを待ちましょう。
しみるのに我慢して化粧水で保湿、なんてことは間違ってもしないでくださいね!

傷んだ皮膚を保護するためには“ワセリン”が役に立ちます。
壊れてしまったバリア機能の代わりをしてくれるので、たっぷり(テカテカするくらい)塗って皮膚を外的刺激から保護してあげると、回復を助けてくれますよ。

ただし、なかなか痛みがひかない様な場合は、必ず皮膚科を受診してくださいね。

アフターサンケア②【鎮静後】

火照りが落ち着いてきたらしてあげたい、しっかり保湿ケア

日焼け後専用のものや、低刺激で保湿力が高い化粧水でたっぷり水分を与えてあげましょう。
日焼けすることが予想できる日は、化粧水を冷蔵庫で冷やして保管するのもオススメです。

コットンやシートマスクを使って、お肌をクールダウンさせるのも良いでしょう。
ただし、コットンをパタパタするのは厳禁。あくまでも肌の上にのせるだけにしてください。

日焼けをすると「どうしよう、シミになっちゃう!」と焦って、いつも以上に念入りなケアをしたくなるかもしれませんが、それはとても危険な行為。
あれもこれもとつけたり塗ったりするのは、摩擦を与えてしまったり成分が刺激になったりと、傷んだお肌にさらに負担をかける可能性大。
特に美白化粧品は、刺激が強いものが多いので、お肌が鎮静するまでは使わない方がベターです。

※コットン(何枚かにはがせるものが便利)に、冷水と保湿化粧水を混ぜたものをたっぷり含ませる。
この時、ホホバやオリーブなどの美容オイルを数滴混ぜておくと、スキンケアをワンステップで済ませることができ、肌への摩擦を減らせてオススメです。

ローションは、セラミドやヒアルロン酸などが含まれた保湿力の高く敏感肌でも使えるような低刺激なものを選びましょう。
皮膚科で処方される“ヘパリン類似物質”が含まれるものも市販されています。
保湿に加えて血行促進、抗炎症作用もあるので、ターンオーバーの正常化を助けてくれますよ。

アフターサンケア③【栄養補給】


体の中からアプローチ!紫外線を浴びた後に必ず補給したい栄養素

紫外線を浴びた時に、助けになってくれるのは、抗酸化作用の高い食べ物です。“抗酸化物質”とは、光老化の原因である「活性酸素」を除去してくれる大変嬉しい物質の事。

紫外線を浴びると、体内に大量に発生してしまう「活性酸素」は、細胞内のDNAを傷つけて肌の弾力を失わせたり、シワを深くしたり、シミ・ソバカスなどの光老化の原因となるので、できるだけ除去したいですね。

特に積極的に取り入れたいのは、旬の新鮮な野菜と南国原産のフルーツ。美容ビタミンと呼ばれる、ビタミンA・C・E(ビタミンエースと覚えましょう)やファイトケミカルなどが豊富に含まれています。

βカロテン(ビタミンA)
皮膚や粘膜を保護する。抗酸化作用があり活性酸素を抑制することで、老化を予防するといわれています。
◎豊富に含む食品◎
かぼちゃ・トマト・にんじん・ほうれん草・ブロッコリーなどの緑黄色野菜

ビタミンC
抗酸化作用はもちろん、メラニン色素の過剰生成を抑制し、シミ・そばかすを防ぐ、コラーゲンの生成を助け免疫力UP。
◎豊富に含む食品◎
ブロッコリー・ピーマン・えんどうなどの緑黄色野菜、マンゴー・キウイ・オレンジ・いちごなどフルーツ全般

ビタミンE
血流促進で肌の新陳代謝UP。
◎豊富に含む食品◎
アボカド・大豆・ナッツ類・ゴマなど

これら3つのビタミンは、どれも抗酸化作用に優れていますが、一緒に摂取することで相乗効果が期待できます。
ただしビタミンCは水溶性のため、必要量以外は随時排泄されてしまうので、一度にたくさん摂るよりも、こまめにとり続けるのが理想です。
紫外線を浴びると特に大量に消費するので、意識的に補いましょう。

フィトケミカル
植物が、さらされる紫外線や過酷な自然環境から身を守るために備えた抗酸化力のある天然の化学物質である“フィトケミカル”
色素や香り・苦味などの成分として、強い抗酸化力をもった“第七の栄養素”と言われ注目されています。抗酸化力が高くて有名な「ポリフェノール」もフィトケミカルのひとつで、ぶどうのアントシアニンやトマトのリコピンの仲間です。
食卓を彩りよく(食材自体の色で)することを心がけると、自然とたくさんの種類を摂取することができますよ。

また近年注目されているスーパーフードも少量で効率よく抗酸化物質を摂取できる食品としてオススメです。次の代表的なものを参考に生活に取り入れてみてくださいね。

プライマリースーパーフード10 スピルリナ、マカ、クコの実(ゴジベリー)、カカオ、チアシード、ココナッツ、アサイー、カムカム、ブロッコリースーパースプラウト、麻の実(ヘンプ)

アフターサンケア④【睡眠・休養】

傷ついた細胞は寝ている間に修復する!質の良い十分な睡眠を

日焼けしてダメージを受けたお肌を早く回復させるために必要な、意外と見落としがちなのが“睡眠”です。
人間は、夜眠っている間に、傷付いた細胞の修復をしたり、新しい細胞を作り出したりする=代謝をするとされています。

きちんとアフターサンスキンケアをして、抗酸化力たっぷりの栄養補給をしたら、ぐっすりと質の良い睡眠をとる。そうすることで、お肌の回復はグッと早くなり、ターンオーバーも正常化していくことでしょう。

ちなみに、入眠から3時間の間に代謝に関与する“成長ホルモン”が大量に分泌されるため、このタイミングでどれだけ深くぐっすり眠れているかが大切と言われています。
スムーズに入眠し、深く眠るために、空調や寝具など、睡眠環境を見直してみるのも良さそうですね。

まとめ

紫外線を大量に浴びた後は、きちんと正しいケアをすることでダメージを最小限におさえ、乱れてしまったターンオーバーを早く正常化させることが重要になります。
そのためには、“鎮静→お肌の保湿保護・栄養補給→質の良い十分な睡眠”の基本の考え方覚えておきましょう。

紫外線のダメージは半年後に現れるとも言われていますので、今しっかりと正しいケアをして整えてあげてくださいね。