自然派コスメの(mogans)モーガンズ 公式オンラインストア

自然派コスメの(mogans)モーガンズ 公式オンラインストア

  • ログイン
  • マイページ

カートを見る

HOME > 美容コラム > 気づいたらボロボロに!?紫外線による髪へのダメージのケア方法

気づいたらボロボロに!?
紫外線による髪へのダメージのケア方法

春先から夏場にかけて強くなる紫外線ですが、これは肌に大きな悪影響を与えるので日焼け止めを塗るなどしてケアをしているという人も多いでしょう。

しかし、素肌のケアはしていても髪まではケアできていないということもあるかもしれません。

紫外線が髪に及ぼす悪影響

髪は常に日光にさらされているので、顔お5倍も紫外線によるダメージを受けやすいのです。
そして、紫外線は肌にさまざまな悪影響をもたらします。

髪質の低下
髪の主成分はケラチンタンパク質というものですが、これはアミノ酸の結合によって作られているものです。
中でもイオウを含んでいる「シスチン結合」というものは髪のコシやしなやかさを保ち、健康的な状態を維持するために重要なものと言えます。

しかし紫外線によって体内に活性酸素が増えると、このシスチン結合というものが分解されてしまうので髪の質がどんどん悪くなってしまうのです。

ダメージヘア
紫外線を受けると、髪はダメージを受けてキューティクルが剥がれてしまいます。
キューティクルはきちんと閉じていることで肌の潤いなどを守ってくれるのですが、キューティクルが剥がれてしまうと内部がむき出しになってダメージに弱くなるので要注意です。

髪のバリア機能が低下してしまうと、内部の水分が奪われて髪がパサつきやすくなります。また、デリケートな状態になるので切れ毛や枝毛が起こりやすくなってしまうでしょう。

頭皮へのダメージ
紫外線は髪だけにダメージを与えるわけではありません。毛髪の隙間から地肌に紫外線が当たると、髪を作る毛母細胞が傷ついてその働きを低下させてしまいます。
そうなると、健康な髪が育たずに抜け毛や薄毛の原因となってしまうのです。

また、毛母細胞だけでなく髪の色素を作る細胞にも紫外線はダメージを与え、うまく色素が作られずに白髪になってしまうこともあります。

紫外線による髪へのダメージを予防するには?

紫外線が当たると、地肌への負担がかかってしまうことを紹介しました。
では、紫外線によるダメージを軽減するするためにはどのようなことを行えばいいのでしょうか。

ということでここからは、紫外線のダメージを予防するための方法を紹介します。

日光が直接当たらないようにする
紫外線によるダメージをできるだけ少なくするためには、まず日に焼ける時間を少なくすることが大切です。
日光が髪に当たらないように帽子をかぶったり日傘をさしたりすることで、頭皮や毛髪のダメージを軽減することができます。

また、最近では肌用だけでなく髪用の日焼け止めも販売されているので、このようなものを活用してみてもいいでしょう。

紫外線が多い時は外出しない
紫外線は太陽の光なので、昼間に外出するのを控えるだけでも紫外線によるダメージを減らすことはできます。紫外線が多く放射されるのは10〜14時の間とされており、そのうち11〜12時の1時間がピークです。

そのため、この時間は不要な外出は避けて、屋内で過ごすようにすると髪や素肌への影響を抑えることができます。仕事などの日は仕方ありませんが、予定のない日は出来るだけ外出しないようにするといいでしょう。

日焼け対策に効果的な食品を摂る
日焼け対策をするためには日焼け止めをつけたり帽子をかぶったりして髪や肌を外側からケアすることも大切ですが、内側からケアすることもできます。

ビタミンAやビタミンC、ビタミンEやリコピンなどの成分には抗酸化作用があり、これらは紫外線によって体内に増える活性酸素の働きを抑えることが可能です。
ビタミンAは主にかぼちゃや人参、ビタミンCはブロッコリーやカリフラワー、いちごやレモンなどに豊富に含まれています。またビタミンEはナッツ類やアボカド、リコピンはスイカやトマトなどに豊富です。

髪をコーティングする
紫外線を防ぐためには、髪に直接太陽光が届かないようにトリートメントなどでコーティングしておくといいでしょう。
ヘアオイルやヘアミルクなどをつけておけば紫外線だけでなく乾燥、ほこり、また摩擦によるダメージも軽減することができます。

また、紫外線が気になる季節にはシャンプーやトリートメントも保湿作用の高いもおを選ぶとより効果的です。

ヘアスタイルを工夫する
紫外線対策には、ヘアスタイルも重要です。いつも同じ髪型をしていると同じ部分にだけ紫外線が当たって大きなダメージとなってしまうので気をつけなければなりません。

これをケアするためには、定期的に髪の分け目を変えるなどしてスタイルを少しずつアレンジしていくといいでしょう。
また、ダウンスタイルではダメージが大きくなってしまうので、シニヨンやお団子ヘアなどのアップヘアにするのも効果的です。

紫外線を浴びてしまった時の対処法

どんなに気をつけていても、広範囲に降り注ぐ紫外線を100%防ぐことはできません。
紫外線を浴びてしまったと感じたら、きちんとケアをしておくことが大切です。

保湿ケアを徹底する
紫外線を浴びると地肌や髪が火傷状態になるので、皮膚の火傷と同様しっかりと保湿をしてあげなければなりません。
そのため、トリートメントなどを使ってしっかり髪をコーティングして潤いを補給することが大切です。

洗い流すタイプのトリートメントは髪につけて10〜20分ほど置いてパックをするとさらに効果的です。

頭皮マッサージをする
紫外線を浴びると頭皮がダメージを受けてしまうので、頭皮マッサージをして血行を促すといいでしょう。

まず蒸しタオルを当てて毛穴を開き、そこにオイルを塗ってマッサージすることで頭皮がほどよく刺激されます。5分ほどマッサージしたらシャワーですすぎ、トリートメントをつけるといいでしょう。

シャンプーは低刺激タイプを使う
紫外線を受けた髪や頭皮はデリケートな状態なので、洗浄力の強いシャンプーを使ってしまうと大きな負担をかけてしまうことがあります。
そのため、紫外線によるダメージが気になる時には洗浄力の穏やかな敏感肌用のシャンプーを使うといいでしょう。ダメージヘア用のシャンプーやアミノ酸系シャンプーも適しています。

まとめ

紫外線は髪や地肌に悪影響を与えてしまうものなので、しっかりとケアをする必要があります。
紫外線を受けないように日頃から対策をしておくのはもちろん、日差しの下に長くいた日はしっかりとアフターケアをすることも大切です。