sustainable環境への寄与

100年後も、美しい自然と

髪、肌、心のケアを叶えるホリスティックなビューティブランドとして、
植物の力を探求し続けてきたmogans。

美しさと心地よさをもたらしてくれる自然の恵みに深く感謝し、
製品開発から製造、発送の仕方にいたるまで、
できるだけ環境に負荷をかけないサステナブルな製品づくりを徹底しています。

100年後の世界を生きる人と自然が今よりも、もっと美しくありますように。
それが創業以来変わらぬmogansの願いです。

biodegradability

生分解性の高いヘアケアで 髪にも、地球にもやさしさを

自然の恵みから生まれたmogans。その源でもある森林を豊かにしていくことが、これからの地球を守ることにつながると考えました。mogansの製品は、トウモロコシやココナッツ由来のアミノ酸系界面活性剤を使用。天然成分を原料としているため、髪に優しいだけでなく、生分解性に優れているのが特徴です。河川に排出されたとしても、自然の微生物によって分解されやすいため、環境への負担が大きくありません。

biomass PET

カーボンニュートラルなバイオマス容器を導入します

脱炭素社会へ向けた挑戦として、2022年7月のパッケージリニューアルを機にバイオマス容器への切り替えを進め、2025年までにすべてを変更します。バイオマス容器はサトウキビやトウモロコシなど再生可能な植物由来の原料を使用しているため、石油資源のように枯渇することがなく、植物が成長過程でCO2を吸収するため、仮に焼却したとしても大気中のCO2の増減に影響を与えないと言われています。

packing materials

製品をお届けする梱包資材も環境に配慮した素材です

持続可能な社会の実現のため、環境に配慮した梱包資材の導入を進めています。2021年12月以降に新規導入する段ボールから順次実施し、2025年までにすべての段ボールがFSC認証を取得した素材に切り替わる予定です。また、段ボールの中に詰めている緩衝材についても、プラスチック製からリサイクルペーパーの更紙へと素材を変更。あなたの元へ届くボックスには、森を思うやさしさも詰まっています。

製品をお届けする梱包資材も環境に配慮した素材です

cruelty-free動物愛護

NO ANIMAL TESTING

mogansはブランドの設立当初より、製品製造から原料調達にいたるまで、動物愛護の観点から動物実験を一切行っておりません。

人と動物がしあわせに共生できる社会を目指して活動する、「公益財団法人動物環境・福祉協会Eva」の活動を支援しています。

公益財団法人動物環境・福祉協会Eva

公益財団法人動物環境・福祉協会Eva
公益財団法人動物環境・福祉協会Evaは、
杉本彩さんが理事長を務める動物愛護団体です。社会全体が動物の命や存在を尊び、それにより日本の動物福祉が向上し、人と動物が共生することのできる思いやりのある社会の実現に向けた、さまざまな取り組みを行っています。

sustainable development

mogansは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

つくる責任・使う責任

3R(Reduce・Reuse・Recycle)の考えのもと、持続可能な容器包装資材の利用を拡大し、資源の循環に努めます。

気候変動に具体的な対策を

100%国産リサイクル樹脂による容器の使用を開始。プラスチックごみを削減し、CO2の排出量を抑えます。

梅の豊かさを守ろう

2025年までに全製品を環境負荷の少ないバイオマス容器に切り替え、海洋プラスチックゴミ削減につなげます。

陸の豊かさも守ろう

環境に配慮したFSC認証紙やバガス紙などを採用し、森林破壊の抑制や生物多様性の保全に貢献します。